塗装技術の門

塗装や表面処理、金属、素材などに関するブログです。たまに、トライボロジーや環境についても書くことがあります。各種文献や書籍を基に、少しでも有用な情報をみな様にお届けしたいと考えております。

ビニル樹脂塗料(vinyl resin paint)




 ビニル樹脂塗料とは、展色剤としてビニル樹脂を使用した塗料です。
 ビニル樹脂としては、塩化ビニル樹脂をはじめとして、塩化ビニリデン樹脂、酢酸ビニル樹脂、アクリル樹脂など種類が多く、塗料用展色剤としてはほとんどが共重合樹脂のものが使用されます。その代表的樹脂が塩化ビニル樹脂と酢酸ビニル樹脂の共重合体であり、これは塩化ビニル樹脂の強靭性、耐化学薬品性と酢酸ビニルの易溶性、可塑性、付着性などを兼ね備えています。塩化ビニルが87%前後のものは溶解性があまりなく、溶液粘度は高いですが、塗膜は強靭で耐薬品性が特に優れています。塩化ビニルと酢酸ビニルのモル比が70:30くらいの共重合体は溶解性が良く、溶液粘度も高くなりません。共重合体の性質は、重合度により異なり、塗料用としては大体平均重合度100~400程度であります。ケトン類、酢酸エステル類、芳香族系溶剤に溶解します。またアクリルエステル樹脂、アルキルフェノール樹脂などと相溶します。塗膜は、耐酸性、耐アルカリ性をはじめ、耐海水性、耐水性、耐候性などに優れます。
 これらビニル樹脂を用いた塗料は、溶剤蒸発によって乾燥するので速乾性です。これは耐水性、耐薬品性に優れていますが、耐溶剤性、耐熱性はあまり良くありません。従来この塗料は塗装1回あたりの膜厚が小さく、多数回の塗装を必要とする欠点がありましたが、最近では1回に60μm程度の膜厚が得られる厚膜型の製品も開発されています。

JISハンドブック 30 塗料 (30;2020)


にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ にほんブログ村 住まいブログ 塗装・ペンキへ にほんブログ村 環境ブログ 大気・水・土壌環境へ
にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村


コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

広告リンク

ブログ内検索

忍者AdMax

楽天市場

ランキング

ランキング